Bridal
ロイヤルという称号の秘密

 

まず、ロイヤルの称号がつく理由を、お話しましょう。

ユリアナ女王から授けられたロイヤルの称号。ユリアナ女王から授けられたロイヤルの称号。

永年にわたりオランダに貢献した企業、そして一業種一社にのみ限られた栄誉。それが"ロイヤル"の称号です。1980年、アッシャー社はオランダのユリアナ女王から、この称号を授けられました。もちろん、ダイヤモンド業界ではアッシャー社のみの栄えある称号です。

クラウンマークの刻印クラウンマークの刻印。

ロイヤル・アッシャー社の社章でもあるクラウンの刻印は、"ロイヤル"の称号を授かったロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドのみに許されたものといえるでしょう。

PAGE TOP

アッシャーの名を、世界中に知らせた、輝かしい物語があります。

英国王室とカリナンとの出会い英国王室とカリナンとの出会い。

1905年、史上最大3,105カラットものダイヤモンド原石がアフリカで発見され、英国国王エドワード7世に献上されました。カリナンと命名されたこのダイヤモンドのカットを委ねられたのがアッシャー社です。16世紀末からダイヤモンド産業で知られたオランダで、指導的立場にあったアッシャー社の技術が海を越えて、輝かしい評価を得た出来事です。

カリナン原石とダイヤモンド。カリナン原石とダイヤモンド。

原石は9個の大きなダイヤモンドと、96個の小さなダイヤモンドにカット。530.20カラットの一番大きなカリナン1世は大笏を、二番目317.40カラットのカリナン1世は王冠を飾り議会の開会式や戴冠式に用いられています。

PAGE TOP

私たちの“財産”ともいえるエピソードを、お聞きください。

カリナンはポケットに入れて。 カリナンはポケットに入れて。

カリナン原石は安全上の配慮から英国海軍の駆遂艦でオランダに運ばれた、というのが当時の発表でした。しかし実際はアブラハム・アッシャーがポケットに入れて船と汽車を乗り継ぎ、アッシャー社の最新工場に持ち帰ったというのが真相です。以後、ここには警察の一分隊が常駐したといわれています。

エリザベス女王とグラニーズチップスエリザベス女王とグラニーズチップス。

カリナンのカッティング50周年に英国のエリザベス女王がアッシャー社を訪問されました。時に、女王が着用されていたのがカリナン3世と4世を配したグラニーズチップス(おばあちゃまの小さなかけら)と呼ばれるブローチです。女王は50年前にバッキンガム宮殿で謁見したルイス・アッシャーの目がほとんど見えないことに気付かれ、ブローチを彼の手に触れさせたという心温まるエピソードが残されています。

PAGE TOP

私たちの誇り、ご来社されたお客様を、ご紹介しましょう。

栄誉の記録をここに、ゴールデンブック栄誉の記録をここに、ゴールデンブック。

栄誉の記録をここに、ゴールデンブックロイヤル・アッシャー社にはゴールデンブックと呼ばれる、来客名簿が保管されています。そこには昭和天皇をはじめ、世界の王侯・首脳の署名が200以上も連ねられ、歴史と由緒にいっそうの輝きを添えています。長い時を越えて、世界中から称賛を持って迎えられてきたアッシャー社。そして今日、ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは真の評価を知る人々に選ばれるブランドとなっています。

PAGE TOP

ロイヤル・アッシャーと呼ばれるための、原石について知ってください。

ロイヤルアッシャーダイヤモンドの原石ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの原石。

美しく輝くダイヤモンドの絶対的条件は良い原石を選ぶこと。具体的には形が正八面体に限りなく近く、透明度が高く、グレー味・ブラウン味がないこと。さらに螢光性が弱い、グレインラインがない、クラリティグレードがあるレベル以上であること。ロイヤル・アッシャーダイヤモンドはデ・ビアス最古参のサイトホルダーとして質の良い原石の供給を受けているといわれています。

さまざまな原石の形状さまざまな原石の形状。

原石はその形状でストーン、シェイプ、クリービッジ、マックル、フラットの5種類に大分類されます。このうちストーンとシェイプが良質なものとされています。

PAGE TOP

輝きを生み出すのは、今日でも、技術者の腕にかかっています。

イヤルアッシャー社のクラフツマンシップロイヤル・アッシャー社のクラフツマンシップ。

アッシャー社は創設以来、技術を最も大切にしています。カリナン原石のカットを委ねられる栄誉に浴したのもこの技術を評価されてのこと。もちろん、今日でもロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは、そのひとつひとつを熟練した技術者が手作業で、全体のバランスをとりながら、ていねいに時間をかけて仕上げています。まさに、ダイヤモンドに生命が宿るといわれるゆえんです。

PAGE TOP

ロイヤル・アッシャーの美しい輝きについて、ご説明しましょう。

大切にしているトータルビューティ大切にしているトータルビューティ。

ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドの美しい輝き。それはロイヤル・アッシャー社のエクセレントメイクによって生み出されます。そのメイクはプロポーションの形状のみではなく、トータルビューティを追求するものです。原石の質と、プロポーションとフィニッシュを総合的に見ることによって、その石の持つ最大限の輝きを引き出すことができるのです。

フィニッシュへのこだわり。

ロイヤル・アッシャー社では、トータルビューティの考え方に基づいて原石の質、プロポーションはもちろんのこと、フィニッシュにも強いこだわりを持っています。シンメトリーとポリッシュによって決定するフィニッシュによってもダイヤモンドの輝きは違ってきます。

PAGE TOP

完璧を求めて・・・ すべてはフィニッシュで、決まります。

正確に相対していること、シンメトリー正確に相対していること、シンメトリー。

まず、シンメトリーではクラウンとパビリオンが正確に相対していること。また、どのファセットも形よくきちんとした位置になくてはなりません。ブリリアンシーを向上させ、美しい輝きを引き出すためです。

57面をダブルポリッシュ57面をダブルポリッシュ

ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは、キューレットを除く57面をすべてダブルポリッシュしてあります。これで表面は鏡面のようになり、表面で反射する光、内部に入って反射し戻る光、ともに乱反射が少なくなり、最高の輝きが生まれてくるのです。

PAGE TOP

最終仕上げの“こだわり”について、ご理解ください。

仕上げまでのクラフツマンシップ仕上げまでのクラフツマンシップ。

には、お客様が身につけたとき、初めてわかるクオリティがあります。たとえばリング。枠加工から石留めまで、熟練した技術者の手によって完成度が追求されています。

細部も丹念に磨き込んで

リングの仕上げでは表面はもちろん、より指あたりを良くするために、内側も丹念に磨き上げる、石留めでは爪の倒し方にも細心の注意を払う、など商品として常に最高の仕上がりを目指しています。

PAGE TOP

世界に“ひとつ”しか存在しないものを、お届けする“証”として。

ロイヤルアッシャー社の"Certificate"とセイコージュエリーの"証"ロイヤル・アッシャー社の"Certificate"

ロイヤル・アッシャーダイヤモンドには、そのダイヤモンドがロイヤル・アッシャー社でカットされたものであることを証明するロイヤル・アッシャー社社長のサイン入り"Certificate"証明書がついています。

ダイヤモンドの選び方へ